痴漢おじさんの話

そういえば、小学6年生のとき痴漢というのに遭った。 それは下校の帰り道。 冬の寒空の中、田んぼだらけの中の住宅…

怒りと恨み

私は長年許せなかった 私は恨んでいた なぜか 負けを認めたくなかったのだ 負けるな 勝ち続けろ 負けを認めたら…

お酒と罰

お酒をたくさん飲んでたのは ふつうの人生送りたかったのに それができなかった 「じぶんへの罰」 だったんだと感…