健康になって気づいてしまった苦しみ

歯の食いしばりがおおい時。

それは、ストレスセンサーがピコピコなっている時。

そんなかんじで、ちょっと歯を食いしばりを抑えながら綴っていきます。

ここ数日の間の出来事なのだけど

「気づいてしまったくるしみ」に支配されてしまっていて、ものすごくココロがくるしい。

いや、見た目は明るいはず。

体調を崩す前と比べて外出も増え、なんだか今までの自分はなんだったんだろう?

虚弱でHSPなわたしは、果てしなく億劫だった外出というものを

軽々こなしている自分がいるのにおどろいている。

だけど、同時にとてつもない「不安」と「怒り」

をかんじている。

なにに怒りをかんじているのか。

なにに不安を感じているのか。

それは、病気であったことで

気がつかないですんだことに気づいてしまったこと

見ないようにフタをしていたことに気づいてしまったこと

フタがパックリ開いてしまって、

洪水状態。

それもヘドロのような汚い感情

自分の薄汚い部分

からだとココロが健康になったのは

長年望んでいたこと。

だけどわたしは、病気であることで

直視せずにすんでいたことを

病気が良くなってきたことで

押さえつけていた「人間の欲」

というものがあふれて、正直つらい。