不登校の何がいけないのか。 不登校のどんなところがいけないのか。

おはようございます。

昨日から(というか、1年くらい前から)長時間労働と資本主義について考えています。

頭の中がショートしそうですが、自分なりの答えと解決策が欲しいので本を読んだりラジオ聞いたり、かみ砕いています。

不登校の何がいけないのか。

不登校のどんなところがいけないのか。

それに答えられる大人っているのかな? 不登校だった私。

不登校だった頃、大人の言葉は的外れだったな(苦笑)

大人になった今、ふと答えられないなあ。。と感じました。

#不登校 #不登校は不幸じゃない

不登校の子がいたら、説得しようとしたり、動かそうと無理矢理なことはできないなあ。

だって、不登校になるまでさ、その子はずーーーっっと、ココロが張り裂けそうになりながら、どうしようか考えてた結果が不登校なワケで。。

で、不登校という目に見える行動を見て、大人はビックリしちゃうんだよね。

それで大人が異常と危機感を覚えてどうにか

「通常運行」させようと、説得したりガミガミと騒ぎ出す。

不登校になった子は、すでに「そこ」にはいないんだよね。

*

高校(通信)の同窓会はがきが今年も送られてきて。

返事は「欠席」で。

一回参加してすごく楽しかったのだけど HSP な私にとって、いち度の参加は5回くらいの参加回数になり充実し満たされる。

なんて省エネで効率的なんだろ。なんて。

ツイート&ブログを綴って初めて気づいたこと。

良い子・比較的成績の良かった私がイジメのターゲットになり、不登校児になってしまったことは、父と母は相当なショックで深い悲しみだったんだろうと。

だからこそ、私に色々言ってしまったんだろうし、精神バランスを崩してしまったのだろう。

両親も大変だったんだろうな。。 と、頭のなかで「わかっているはず」だったが 「わかってるつもり」でもあった。 ただ、「腑に落ちた」のは今日がはじめてだ。

「言うだけなら誰だってできる」 「言うだけなら簡単」

なんていうけれど、 言えない人だっているんだよね。

だってさ、言うと否定するじゃん、 へんな顔するじゃん。

聞いてはいけないこと聞いてしまった、みたいな顔するじゃん。