許せない気持ちのほんとうのトコロ

ここ最近、許せない気持ちになることがつづいていた。

というのも、

日常生活でたいせつな「空間」を乱されていたから。

人は大切にしている空間を

誰かの手によって乱されると

「怒り」の気持ちが湧いてくる。

それを抑えようとして、

いろいろな方法を試してみるけれど

他人のことは、なにをしてもコントロールできない。

そんなことわかっているはずなのに、

じっさい現実に起こると

たちまち「許せない」気持ちでいっぱいになる。

だけど、この「許せない」気持ちだったり

「怒り」の気持ちのほんとうのトコロに少しだけ気づいてしまった。

それは、人の空間をへっちゃらに、無意識に乱す人の

「自由さ」だったり

「きままさ」だったり

「ストレスフリーな空気」だったり

「エネルギーがありあまってるかんじ」だったり

そんな私は、

「生きづらさ」をかんじ

「不自由さ」をかんじ

「窮屈さ」をかんじ

「虚弱体質でエネルギー不足」になやんでる。

それで「許さない」と「怒り」がセットでやってくる。

ということは。

自分がひそかに求めている

「欲しい」を乱されることによって

チクチク刺激されているから、だと。