嫌われる勇気.HSP.うつ,パニック障害

自己肯定に感じる違和感―アドラーは私たちの苦悩をあまりにもシンプルに壊してくれる

自己肯定に感じる違和感

今、アドラー心理学の「嫌われる勇気」を読んでいる。

わたしは長年、「自己肯定感」という言葉に違和感を持っていた。

なぜか。

その言葉から「無理矢理感」を感じずにはいられなかった。

だけど、世の中は

「自己肯定がたいせつ」

だとか

「自分を愛そう」

とか

「愛、愛すること、愛してる」

なんて言葉がまるで酔っ払いオヤジのように溢れかえってる。

自分を肯定するって、どんなことなのか

いろいろやってきたけれど、

やっぱりわからなかった。

 

「嫌われる勇気」を読んで

だけど、嫌われる勇気を読んで

そのモヤモヤした違和感が晴れた。

 

それは

「自己肯定」ではなく

「自己受容」すること

だと。

ふたつの言葉は似ているようで

まったく別物だということ。

 

1.自己肯定

できもしないのに「わたしはできる」「わたしは強い」と自らに暗示をかけること

=「自ら嘘をつく生き方」

これは優越コンプレックスにも結び付くようだ。

 

2.自己受容

仮にできないのだとしたら、その「できない自分」をありのままに受け入れ、できるようになるべく、前に進んでいくこと。

=自らに嘘をつくものではない

 

具体的に…

60点の自分に、たまたま運が悪かっただけだ。ほんとうの自分は100点だと言い聞かせるのが自己肯定

それに対し、60点の自分をそのまま受け入れたうえで「100点に近づくにはどうしたらいいのか」を考えるのが自己受容。

 

アドラーは私たちの苦悩をあまりにもシンプルに壊してくれる

そう考えると、同じような意味でもまったくちがうことがわかる。

そこで私たちは普段、どちらを選択しているのだろう。

 

肯定しよう

もっと肯定しよう

肯定しなきゃ・・・。

 

それなのに自分を肯定できないのはなぜだろう。

それは、無理矢理肯定しようとし続けてるからじゃないのか。

 

長年感じていた「自己肯定の違和感」を

嫌われる勇気によって

あまりにもシンプルに、簡単に壊されてしまった感覚。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え